早漏だとは認めてない。いや…そこは認めてからが勝負ですよ!

世の中の男性は自分が早漏だなんて本当は認めたくないんです。その気持ちはわかりますが、認めないと先には進めないんですよ。国に違いがあれど男性の半分は早漏ではないかという結果もあるようです。それを聞いたら「そんなにいるの」って思いませんか?認めたら次は克服ですよ!

*

世界的にも認められている早漏の治療薬「プリリジー」の効果と副作用

プリリジー、は世界初の服用タイプの早漏治療薬で、服用するだけで射精時間を2倍~3倍に伸ばすことができるようになります。

これからの性生活に希望があるプリリジーで、今までになかった満足できる性生活にしてみませんか?

プリリジーの効果は射精までの時間が伸びること

早漏とは、射精をコントロールできないために思った以上に、または挿入前に射精をしてしまうことです。。

射精する時にはノルアドレナリンという物質が大量に分泌されますが、これは興奮した時や不安を感じた時にも多く分泌される物質です。早漏だと自分で意識しすぎてしまったり、仕事のストレスや性行為に慣れていない場合にも、ノルアドレナリンが分泌されやすいため、射精時間が短くなる傾向があります

プリリジーは、ノルアドレナリンの分泌を抑えるセロトニンの濃度を増やす働きがあるため、脳が興奮するのを抑えて射精までの時間を長くすることができます。

塗るタイプの早漏治療薬と違い、性交の時の感覚を麻痺させることがないので、性行為を楽しむことができる他、服用タイプなのでパートナーに飲んでいることを知られずにすむ、というメリットもあります。プリリジーの服用実験では、性行為の度に服用することで射精までの時間が伸ばすことができた、という結果が出ており、中には7倍になった被験者もいます。

また飲み始め頃には、それほどの効果が得られないことや効果が弱い、と思われることが多いようです。プリリジーは、服用を続けることで、早漏改善に効果がでることがわかっていますので、始めのうちはなるべく服用を続けましょう。

プリリジーの副作用は1割未満

プリリジーは、ヨーロッパを中心として世界の多国で認可、使用されている安全な早漏治療薬ですが、副作用として1割未満の人に軽度のめまいや頭痛、吐き気などが現れます。また、体がだるく感じたり眠気や睡眠障害などもあげられています。

重い副作用の報告はありませんが、てんかんの発作を起こす人や腎臓の障害がある人、抗うつ剤を服用している人は、使用が禁じられているので注意が必要です。体に異変を感じたらすぐに服用をやめ医師に相談することが大切です。

早漏は心理的な要因が深くかかわっているため、早目に対処しないと性行為に対して臆病になってしまい、中には性行為を避けるようになる人もいます。早漏治療薬は早漏を改善してくれるだけではなく、満足いく性行為ができるようになることで自信を取り戻せます。

また、パートナーとの関係を良好に保てるようになります。その為にもプリリジーのような治療薬を使用することは、早漏の悩みに大変効果的です。

公開日:
最終更新日:2016/04/21