早漏だとは認めてない。いや…そこは認めてからが勝負ですよ!

世の中の男性は自分が早漏だなんて本当は認めたくないんです。その気持ちはわかりますが、認めないと先には進めないんですよ。国に違いがあれど男性の半分は早漏ではないかという結果もあるようです。それを聞いたら「そんなにいるの」って思いませんか?認めたら次は克服ですよ!

*

処方や通院が無しでもプリリジーが買えるのは個人輸入の代行サイト

      2016/05/18

プリリジーは、世界で初めて早漏が改善できるとして認められた飲み薬で、ヨーロッパを中心にして、世界各国で処方されている医薬品です。

海外ではいくつもの臨床試験を行い、安全性が確認されていますが、日本ではまだ未承認となっており、処方しているのは一部の輸入が認められたクリニックのみとなっています。大抵は主要都市に集中しているため、地方の人が購入することはまず不可能で、長距離を電車で移動して処方してもらえるクリニックに通うか、諦めるかしかないのが現状です。

そんなプリリジーを、病院に行かずして購入できるのが、個人輸入なのです。

個人輸入の場合は健康保険が適用外でも安価

早漏治療薬のプリリジーは、健康保険の適用外となっているため、一般的な医薬品と比べても、決して安いものとはなっていません。

おおよその相場として、1錠あたり3千円ほどの価格となっていることから、3錠入りの1箱でも9千円前後と高額です。処方してもらえるクリニックに通院する手間や交通費などを考えると、徒歩でいけるような距離であればまだ良いのですが、地方では簡単に購入ということは難しいでしょう。

こうした時に便利なのは、個人輸入代行サイトを使用した医薬品の購入です。通常は、医薬品をネット通販することは薬事法に抵触しますが、個人で使用するのが目的であって、販売や譲渡することはなく、決められた量であれば、個人輸入によって入手することに、問題はありません。

個人輸入ですが代行サイトを利用しましょう

個人が使用する範囲内であること、配送先は個人宅であること、医薬品は1ヶ月分であることが条件となっていますが、条件さえ守れば違法にはならないので、安心して購入することができます。

普通に個人輸入しようとすると、税関の問題などがありますが、代行サイトでは税関から配送までの手配をしてくれるので、通常のネット通販と同じように購入すれば、自宅まで届けてくれます。また、病院に通院して処方箋を出してもらう必要はなく、自分が欲しいと思った医薬品を気軽に入手できるため、地方で病院に通って薬を出してもらうのが困難な人でも、利用しやすいのが利点です。

海外の医薬品なので、為替の問題から若干の違いはありますが、プリリジーの価格も比較的に安価で販売されていて、1錠あたり2千円前後が相場のため、無理に病院に足を運んで買うよりも、安く手に入ります。1錠では成分が多い場合には、ピルカッターなどで分けて服用することも可能ですので、さらに1回に服用する金額が安くなります。

個人輸入の利点として、まとめ買いをすると更に安くなるため、大量に消費する可能性があれば何箱かまとめて買っておけば1錠につき200円から300円程度安く購入できます。まとめて購入する場合、優良な代行サイトですと、範囲内の量を分割で配送をしてくれます。そういう点でも代行サイトを選ぶ基準になるでしょう。

早漏治療をしたいけれどあまり費用はかけられない、処方しているクリニックが近くにないという人は、代行サイトの利用を検討してみるとよいでしょう。