目の疲れでまつ毛も抜けてしまうって知ってましたか?

仕事やプライベートでPCを使う機会が多くなって更にスマートフォンの普及で目を酷使している毎日です。目の疲れでまつ毛が抜けてしまう事もあるんですよ。疲れ目のケアをしながらまつ毛育毛剤の「ケアプロスト」を使って今までより早くまつ毛を育毛してみませんか?

*

目の疲れに繋がるブルーライトとはどんな影響がある?予防策はある?

   

ブルーライトとは、人が目で見ることのできる光の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持った青色光のことです。パソコンやスマートフォン、テレビなどのLEDディスプレイや、LEDの照明に多く含まれていて、私たちの日常生活でも接触する機会が増えています。

ブルーライトは強いエネルギーを持っていますので、長時間見ていると様々な影響が体に現れる恐れがあります。例えば、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けていると、目への負荷がとても大きくなります。人にとってどのような影響があるのでしょうか。

長時間のブルーライトは負担大

特に青い光というのは散乱しやすいため、画面を見ている間に目がピントを合わせるために一生懸命働きます。すると目に余計な負荷がかかってしまいますので、疲れ目になりやすい、視界がかすむ、ピントを合わせにくくなってしまう、視力の低下などの問題が発生しやすくなります。

また強い光を浴び続けると、体内時計が狂ってしまい不眠や体調不良の元となる危険性もあります。
そのような問題を回避するためには、しっかりと予防をしておく必要があります。

負担軽減となること

目に負担が大きいことは理解されたと思いますが、だからと言ってパソコンやスマートフォンを使わないというわけにはいきません。ですので、できるだけ負担が軽減される行動を理解しておきましょう。

  • 明るさの調整

例えば、パソコンやスマートフォンのディスプレイの明るさを今より少し下げるだけでも負担軽減になります。
画面の明るさの設定はモニターや本体の設定で簡単に変えることができるので、ディスプレイを長時間見る機会が多い人や最近目が疲れやすいと感じる人は、気軽に試してみるといいかもしれません。

LED照明を使っている人も、寝る少し前から照明を落とすようにする、朝起きたらしっかりと日光を浴びるなどを心がけると体内時計が狂いにくくなります。

  • ブルーライトをカットする商品

さらに最近では、ブルーライトカット用の専用メガネが発売されています。
このメガネをかけることで、ブルーライトをある程度カットした状態で画面を見ることができます。長時間パソコンを使うようなデスクワークを行う人などにおすすめです。ただし、ディスプレイなどを見る時専用のメガネですので、日常生活や外出時には安全のために外しましょう。

現在ブルーライトカットメガネは、様々なメーカーから発売されており、メガネ専門店から販売されているものから、100円ショップで販売されているものまで、値段設定も様々ですが、やはりメガネ専門店から発売されているものの方が、品質も保証されていて、より良い効果があります。

また、最近では、専用メガネの中にも、おしゃれなデザインのものや、度の入ったメガネもあり、よりバリエーションが増えてきています。